よそで書いた文章たち

よそで書いた文章たち(順次追加されていきます) SPOT travel.spot-app.jp travel.spot-app.jp travel.spot-app.jp travel.spot-app.jp travel.spot-app.jp はてな匿名ダイアリー anond.hatelabo.jp anond.hatelabo.jp anond.hatelabo.jp ※問い合わせ等はツ…

夏恋ルンバ

なんかさあ、地域の祭りに行ったんですよ。小さな公園で盆踊りするみたいな催しで、子供会やらババアのダンスサークルとかが踊り狂っとるわけですわ。小汚いオッサンとしてはそういった”地域”的な催しに顔を出すべきでないって重々承知しているんですけれど…

少しだけ早いこと

少しだけ値段が安いことに気が付いてしまい、お昼休憩に職場近くのスーパーに行くことが多くなった。弁当だけでなく、一緒に買う飲み物などが安いのだ。これが毎日ともなるとなかなかバカにできない。スーパーの入り口にはパン屋さんがあってそこを抜けると…

源さんとロックフェス

源さんは突然言い出した。彼の名前はたぶん源さんではない。いつも丸の中に源と書かれた意味不明なシャツを着ていたから常連たちの間で勝手にそう呼ばれていただけだった。そんな彼が、まるで選手宣誓のようにして居並ぶ常連たちに高らかに宣言した。「俺は…

濡れたコースターとパステルピンクの彼女

人通りのまばらなアーケード通りは、まだ昼間の熱気が少しだけ残っていて、その場の空気を引き締めてくれるスパイスのように感じた。 遠くから聞こえる喧騒に混じった、信号機が青を伝える機械音は規則的で、まるで1秒ずつカウントダウンしてるんじゃないか…

茶番劇は眠らない

とんだ茶番劇なのだけど、職場の会議であらかじめ台本が決まっていることがある。ちょっと天の上の人なんじゃないのってレベルの偉い人が来る会議で多いのだけど、意見を戦わせてブラッシュアップする、という会議が持つ本来の意味をはきちがえた完全なる予…

愛してると言ってくれ

随分前に、フランスのロワイヤル氏に関するニュースが報じられれた時かなんかに、ネットニュースの見出しが「仏ロワイヤル氏が」となっていて、これは仏ロワイヤルだ!と仏たちが生き残りを賭けて離島で殺しあうストーリーをMixiで書いていたときでした。確…

日曜日よりの使者

仕事に行きたくない仕事に行きたくない仕事に行きたくない。 とにかく本当に仕事に行きたくない。年末年始の休暇が終わるこの日は、とにかく仕事に行きたくない。普段の仕事行きたくなさを1とするならば今日は4億はくだらない。それくらい仕事に行きたくな…

クリスマスイブの過ごし方

クリスマスイブの六畳のアパートには寂しさだとか悲しさだとか、そういった悲しきものが充満していたような気がする。正確なことは覚えていないのだだけど、確かにそんな感情を抱いていたような記憶があるんだ。 大学の友達は、皆でスキーに行った。恋人がい…

靴下は片方だけなくなる

なぜ靴下は片方だけなくなるのか教えてやろうか?場末の酒場でウィスキーのグラスを傾けながら老人はそう言った。知らない人だ。さあ、わかりませんねその問いかけに興味があって答えたわけではない。早めに会話を切り上げたかったのだ。酒と肴が美味い店、…

草津よいとこ一度はおいで

草津の民ってのはとにかく心が広い、懐が深い、そう思うよ。 京都府の隣、滋賀県に草津市という場所がある。滋賀県の南西部に位置し、県庁所在地大津市に次ぐ人口第二の都市だ。市内には立命館大学などを有しており、実は人口密度は仙台市や熊本市などの政令…

アドバイスアドバンス

「ええ、ビックリしましたね。驚きましたよ。それはありえないって。ええ、確かにアドバイスしましたよ。なんだかすごい緊張してるみたいだから、ちょっと掴みのジョーク入れたらどうかってアドバイスしたんです」「いやねえ、私も出過ぎた真似かなって思っ…

琉球大学の悪魔

少し大きめの国道をひた走っていると、なんでこんなところにこんなお店が?と言ってしまいたくなるような店舗に遭遇することがある。それはブティックだったり、電気屋だったりするのだが、いずれも街中で見ればそれほど違和感を感じないのに、違和感ありま…

都市伝説は君のそばに

都市伝説というものに目がない。 古くは「口裂け女」などに代表される、口頭で伝えられる噂話や伝承の一種で、早い話が口コミだ。人から人に伝えられる情報、そういった意味では食べログとあまり変わらないのかもしれない。 都市伝説という単語は、1988年、…

広島カープと僕

8月24日、東京ドームにある歌が流れた。その歌の歌詞はまるで別の意味を持っているようだった。この日、2位巨人に勝利した広島カープに優勝へのマジック20が点灯した。優勝マジックが点灯すること自体が広島カープにとって25年ぶりの快挙だった。 学生時代を…

富士登山のススメ

中央自動車道をひた走り、山梨県河口湖インターを抜けて左手に富士急ハイランドを望みながら、富士山5合目までスバルラインをひた走る。深夜ということもあって、富士吉田五合目に車で入ることはできず、かなり手前の奥庭という駐車場に駐車するように指示さ…

エンペラー松本は空の向こうに

セミの声はいつだって煩かった。けれども不思議なことに今、窓の向こうから聞こえてくるセミの声より思い出の中のセミの声のほうが幾分か静かな気がする。何層にも折り重なったセミの声の中で僕らはどんな青春時代を過ごしていたのだろうか。そう思うとなん…

秒速5センチメートル

(小学生時代の二人の会話に乗せて、満開の桜の風景が切り替わるように映し出される)「ねぇ、秒速5センチなんだって」「えっ?なに?」「ウンコの落ちるスピード。秒速5センチメートル」「遅くない?」「ねぇ、なんだかまるで雪みたいじゃない?」「きいてる…

比喩はまるで森のように

物事を別の何かに例える。実はこれはほとんどの場合が自己満足の産物でしかない。 ある事象、例えばAがBだからCになる、みたいなことを説明されてもいまいちピンとこず、説明する側も伝わってないなって思ったら、だからDがEってことあるだろ、そこでFになる…

成長する道路という発想

生涯に1001編もの短編を発表したといわれるSF短編の巨匠、星新一先生の発想方法が興味深い。SFというジャンルから、この世にありえないものを題材とすることが多かった星先生は、全く関係ない二つの単語を組み合わせることで新しい物を生み出していたという…

不正のトライアングル

米国の組織犯罪研究者ドナルド・R・クレッシーが体系化した「不正のトライアングル」という考え方がある。横領などの不正が起こるとき、人はいかにしてその誘惑に負けていくのかを調べたクレッシーは不正のリスクを3つの状況に分類した。簡潔に挙げると次の…

サマータイムマシーンブルース

もしタイムマシンが存在したとしたら皆さんはどんな使い方をするだろうか。恐竜を見てみたいと思うかもしれない。歴史的大事件の現場を見てみたいと思うかもしれない。もしかしたら過去を改変して現代の自分に都合の良いように、なんて考える人もいるかもし…

青春18キップとムーンライトながらを使うと4030円で東京から八代までいけるらしい

外は雨が降っていた。7月22日金曜日、午後10時。世間は昼間に発表されたポケモンGOに沸いており、ここ東京駅でもスマホ片手に歩いている人が散見された。 東京駅(東京都)22:52 なぜこんな週末、花金の夜中に東京駅にいるのかというと、事情を話すととても…

なぜ彼は先にいったのか

曲がりなりにも何らかの文章を書いている人間は常にアンテナを張り巡らせておくべきだ。それはプロのライターだとか、小説家だとか、エッセイストだとか、そういった文章を生業にしている人に限らず、趣味のレベルで発表している人もそうあるべきだ。 世の中…

空が明るくても月はそこにある

窓の外を見るとまだ空は明るいのに薄っすらと月が輝いていた。本来は夜にこそ発揮されるべき薄く白いその輝きは、まるで何らかの理由や訴えがあるかのように思えた。 昼間の月はその存在自体が悲しい。僕らは自然と月は夜に輝くものであると考えていて、本来…

太陽は罪な奴

この間、休みを利用して新江ノ島水族館に行ったんですけど、すごいのな、なにがすごいって江ノ島の海が。 水族館の裏手はそのまま砂浜になっていて、海の家が立ち並んでいて、水族館を鑑賞した後もひょいと海の家に行ってご飯を食べられたりするんですけど、…

モンティ・パイソンは飛んでこない

ターミナル駅の人ごみを抜け、階段を上った先にチーズ・ショップのようなおしゃれな売店があり、さらにその先に行った場所に小さな広場がある。そこに立つ人々はほとんど何らかの待ち合わせをしていて、その先にある何かを楽しみにしながら思い思いの時間を…

夏の魔物

夏といえばホラー、という感覚が実のところよくわからない。 怖い話やなんかを聴いて怖い思いをして、ぞーっとなってなんや寒くなったわ、暑いに夏にはこれが一番やな、となるために夏はホラーなんだと思うけど、あいにくデブにそれは通用しない。 例えばお…

うんこ5分前仮説

もしこの世界が5分前に作られたものだとしたら。 そんな思考実験を「世界五分前仮説」ということを知ったのはインターネットにそう書いてあったからだ。これは「この世界は実は5分前に始まったのかもしれない」という仮説で、どちらかといえば哲学の部類に入…

セミと秋ナスとイチローあとなんか長い話

職場の上司から届いたメールには、長々と業務の指示に関する記述が書かれていたのだけど、その文末に以下のような意味不明な文章が書かれていた。 「3つの果実があったとします。その果実はどれも甘くみずみずしい。あなたはそれを食べる日を楽しみに待って…