読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ONLY YOU

BOφWY 作詞 氷室京介 作曲 布袋寅泰

いつも愛は すり抜けたけれど

(僕の仕事への愛はすり抜けがちで、頑張ろうと奮闘するのだけど、空回りのばかりしてしまう。そんな自分に落ち込むこともある)

傷つく事に おびえないで

(でも、空回りに怯えたり、傷つくことに怯えてはいけない。自分の精一杯を見せなきゃ、なんのために生きているかわからない。自分の力を見せるんだ!)

今の俺を信じて

(俺を信じて、もっと仕事をさせてください!そうやって手を挙げてやる気を見せたのに、与えられた仕事は「得意先への宛名書き」というものだった。サボらないように密室に閉じ込められ、怪しげなダイレクトメールみたいなのに宛名を手書きで書き続ける)

I WANT YOU I WANT YOU

(御中、御中、一生分の御中を書いた気がする)

幸せにしたい

(ダイレクトメールの裏にはご検討いただけたら幸いです、と書き続けて文章を締めた)

 

寒い夜には 抱きしめるから

 (この宛名書き密室はすげえ寒いので夜になるとやばくて缶コーヒー抱きしめてた。まだ終わらない)

オマエはいつも笑ってくれ

(言われなくても同僚たちはそんな僕を笑っていて、徹夜を覚悟したのに疲れ果てて眠ってしまった僕を翌朝の出勤時にみつけて)

俺の横の寝顔を

(気持ち悪いと噂していた)

I WANT YOU I WANT YOU

(御中、御中、書きすぎてゲシュタルト崩壊してきた。俺こそは御中のような気がしてくる)

守ってあげたい

(誰か労働基準監督署みたいなところ守ってくれねえかな、俺を)

夜の街が SILENCE

(夜のオフィスってこんなに静かだったのか。もう一人残業している女の子も真剣に黙って仕事してる)

二人を包んで

(あの娘は、話しかけてくるなオーラに包まれてて話しかけることができない。なんでなんだろう。おれ、コンビニでコーヒー買ってくるけどいる?ってきいたけど無視されたよ?)

(Under the moonlight)

(月が綺麗だなあ、沁みるなあ)

昨日までの SO LONG

(昨日まではけっこう話しかけても笑顔で答えてくれたんだよ。こいつ俺に気があるんじゃねって思ってて、長い髪が好きって僕の好みもそれとなく伝えた。それなのにこれよ)

苦い涙を忘れられるネ

(忘れられるわけないネ)

ONLY YOU そのままで

(2014年、東京競馬場日本ダービー、最後の直線、坂を越えてワンアンドオンリーが抜け出した!そのままで!)

ONLY YOU かざらないで

(俺はワンアンドオンリーを買っていたんだ!飾らず、穴狙いもせず買っていた)

ONLY YOU たった一度

(お前を買うのはこれっきりだ、ワンアンドオンリー!だからこい!今回だけ!)

ONLY YOU オマエだけに

単勝だから!お前しか買ってない!ワンアンドオンリー!おまえだけだー!いけーーーー!)

 

争う日々に 汚れてしまった

(出世争いには敗れてるので、別の方面でいい所を見せようと職場の玄関の雪かきをしていたら、けっこう汚れてしまった)

過ぎた昨日に おびえないで

(雪かきしたら腰がぐっきりしたんだけど、明日立てるのか、なんか怖いわ。昨日雪かきするんじゃなかったとか後悔するんかな)

俺の胸の涙を

(涙が出るほど痛いけど、宛名書きも続きせないかんのよ)

I WANT YOU I WANT YOU

(俺こそが御中だ、俺こそが御中だ)

ピリオドにかえて

(色々とピリオドにしたいんだけど、そういうわけにもいかんのよ。終わらんのよ)

夜の街が SILENCE

(夜のオフィスってこんなに静かだったのか。もう一人残業している女の子も真剣に黙って仕事してる)

二人を包んで

(あの娘は、話しかけてくるなオーラに包まれてて話しかけることができない。なんでなんだろう。おれ、コンビニでコーヒー買ってくるけどいる?ってきいたけど無視されたよ?)

(Under the moonlight)

(月が綺麗だなあ、沁みるなあ)

明日からを SO LONG

(長い髪が好みって長い髪の娘に伝えることで、それって私ってことじゃんって伝えるつもりがあったんだけど、その子、次の週末にショートカットにしてきたで)

よりそう様に生きていけるネ

(生きていけないネ)

ONLY YOU そのままで

(で、その子にワンアンドオンリーの話をしたんですよ。ワンアンドオンリー日本ダービーを勝ったんだけど、その後がさっぱりでね)

ONLY YOU かざらないで

(でもあの日のワンアンドオンリーはすごく輝いていて、馬体がキラキラしてて飾る必要がないくらい綺麗だったんだ)

ONLY YOU たった一度

(今度、ワンアンドオンリーが出るレースがあったら一緒に行ってみない?一度でいいからさ、楽しいよ、競馬)

ONLY YOU オマエだけに

(いや、みんな誘ってるわけじゃないよオマエだけ。恵美さんも誘われてキモいとか競馬とかありえないとか言ってた?幻影でも見たんでしょ。あの人夢遊病とかじゃない?)

夜の街が SILENCE

(やっときいたLINEにメッセージ。勇気を出して夜に「競馬に行こう」と送ったら、既読もつかずにサイレンス。ワンアンドオンリーのおじいちゃんはサンデーサイレンス

二人を包んで

(既読すらつかないってどういうこと?まさか……ブロック?んなアホな。でもそうなのか?LINEの不具合とかじゃない?やりとりが漏れたりしてるのかな?不穏な空気が僕ら二人を包んだ。失敬、僕だけを包んだ)

(Under the moonlight)

(月が綺麗だなあ、沁みるなあ)

よりそう様に生きていけるネ

(生きていけないネ)

ONLY YOU そのままで

(だからワンアンドオンリーがさ)

ONLY YOU かざらないで

(次走は2月14日京都記念に出走予定。おや、奇しくもバレンタインデーの日ですな。いやいやいや、そんな気にしないで。チョコとかあまり好きじゃないし)

ONLY YOU たった一度

(いっかい騙されたと思って。観に行ってみない?競馬場の近くに美味しい焼き鳥屋あるし)

ONLY YOU オマエだけに

(既読つかねえなあ)