読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花見に合わないものを花見に持って来いといったら人は何を持ってくるのか

先日、満開の桜の下で花見大会を催してきたのですが、そこらじゅうで大学生集団、職場の仲間、友人、ファミリーと健全な集合体で花見を楽しまれている中、インターネットで「花見やるからきてね」と場所だけを告知して行う「現代社会に潜む闇」みたいな会をしました。

そもそもツイッターというインターネットツールは、僕もよく知らなかったのですが以前に散髪屋で髪を切っていったら隣のオッサンと理容師さんの会話が漏れ聞こえてきましてね、こう言うんですよ。

「最近ネットとか見はじめてるんだけどさ、いまいち面白くなくてね」

「それだったらツイッターおススメっすよ」

「なにそれ?」

「え!?ツイッターしらないっすか?すごいっすよ。いま日本で頭おかしい連中はみんなツイッターにいますよ

「へえ、すごいね。帰ったら探してみよう」

こういった情報を得てですね。なるほど、僕も初めてツイッターは日本中の頭おかしい連中がシュプレヒコールをしていると知ったのですが、そのツイッターで呼びかけて花見をするわけですよ。それなら「花見に合わないものもってきてください!」と呼びかけるべきなんですよ。

ということで、ツイッターで日時と場所、目印、そして花見に合わないもの持って来いと呼びかけて花見を開催したわけなのですが、まあ、次々とインターネットしか生き甲斐がないみたいな人が来るわけですよ。この中の誰かが後に殺人事件でも起こそうものなら、「事件の数日前には顔も知らない相手とネットの繋がりだけで花見をするという魔儀式が行われたそうです」「山本さん、その、花見なんですが、容疑者はそこで犯行を決意したという可能性は?」「あると思います。目撃証言によると、非常に奇妙な集団だったそうです。花見に合わないものを持ち寄っていたという情報もあります」「よくわからないねえ」「インターネットの闇、その闇に浸食されて容疑者は凶行に走った」みたいにワイドショーで連日報道される。

ということで収拾がつかなくなって途中から訳わからなくなったのですが、インターネットの闇たる花見会で持ち寄られた花見に合わない差し入れを紹介していきたいと思います。

f:id:pato_numeri:20160404103142j:plain

食パン三斤

切って食べる術もないのでかぶりつく必要がある。

f:id:pato_numeri:20160404103318j:plain

スイカ

完全に季節外れなので小玉なのに980円とロシアのインフレみたいな値段。切る術がないので拳で叩き割って食べた。

f:id:pato_numeri:20160404103501j:plain

福神漬

単品であっても結構困る。

f:id:pato_numeri:20160404103530j:plain

ねるねるねるね

写真では2個だが10数個持ってこられた。結構好評でみんな童心に帰ってやっていたのだけど、そもそもまともに作れた人があまりいなかった。だいたいこんなもの美味しいはずがなくて、こうやってねればねるほど色が変わって、ヘっへっへ、こうやってつけて、うまい!テーレッテレー!

f:id:pato_numeri:20160404103858j:plain

カステラ(大量)

カステラ自体は比較的花見に合います。花より団子というように甘いものはマッチするのですが、その量が尋常ではなくなると一気に合わなくなります。これはもう、親をカステラに殺されたレベルです。余らせてももったいないので周囲の花見客にもおすそ分けしたのですが、みんな微妙そうな顔してました。

f:id:pato_numeri:20160404103949j:plain

駄菓子屋にあるゼリー

懐かしいです。

f:id:pato_numeri:20160404103919j:plain

米国会社四季報とあげ玉

ここまで自分の人生に関係なさそうな本を初めてみたのですが、アメリカの会社の詳細を眺めながらあげ玉を食べてお花見、なかなかいいかもしれませんね。各個でもなかなかの破壊力ですが、何を食って育ったらこれをセットで持ってこようという思考に至るのでしょうか。そろそろ食い物ですらなくなってくる。

f:id:pato_numeri:20160404104020j:plain

サロンパスローション

普通に家で使うから嬉しいけど、花見にあうかと問われれば、答えは否。サッと手軽にらくヌリとか書いてる場合じゃねえぞ。

f:id:pato_numeri:20160404104049j:plain

初級アマチュア無線予想問題集(2014年度版)

試験終わったからこれいらんなっていう気持ちがここまで透けて見える物品もそうそうありません。無線ユーザーに3776(ミナナロ)と富士山とひっかけてるダジャレが部署の嫌われ者の課長が考えたっぽくて良い。誰も反対できなかったまま発行された感じがする。

f:id:pato_numeri:20160404105644j:plain

五体不満足 乙武洋匡

こちらは、花見のカオスっぷりに残念ながら合流できなかった方が持ってきてくれる予定だった品です。満開の桜の下で読みたかったので残念。後ろの布がほのかなピンクで桜っぽくていいですね。

f:id:pato_numeri:20160404105938j:plain

TRFイージードゥダンササイズ SpecialEdition

完全に頭おかしい。頭のサイドギャザーぶっ壊れてやがる。これをみんなで桜の下で踊るのか。イージドゥダンス(ポゥ!)イージドゥダンス(ポゥ!)とか完全にインターネットの闇。

ということで、他にもアイス山盛り、塊の冷凍タンドリーチキン、様々な動物の性器を配合した酒、花、辛いラムネ、著名ライターなどなど悪魔でも召喚するのかな?という品ばかりでありました。持ち寄ってくださった方ありがとうございました!

来年も開催すると思いますので、是非とも土地の権利書とか持ってきてください!